045:謙徳公(けんとくこう)
百人一首の45番目の作品は、謙徳公(けんとくこう)の作品です。

謙徳公は、本名を藤原伊尹(ふじわらのこれただ)と言います。

生没年は、924年〜972年。

摂政や太政大臣を勤めた人です。

死後、謙徳公と呼ばれるようになりました。





謙徳公が百人一首に残した作品は、、、

♪ あはれとも いふべき人は 思ほえで 身のいたづらに なりぬべきかな

です。

読みは、

♪ あわれとも いうべきひとは おもおえで みのいたずらに なりぬべきかな

となります。

これは、失恋の歌です。

あはれとも  (哀れだと)
いふべき人は (言ってくれそうな、あの人は)
思ほえで   (他には思い浮かびません)
身のいたづらに(わが身はむなしく死んでしまうに)
なりぬべきかな(違いないだろう)

失恋したその身の上を「哀れだ」と言ってくれそうな人は、あの人以外に思い浮かばない、
あの人を恋こがれながら、むなしく死んでしまうのに違いない。

という歌です。





inserted by FC2 system