025:三条右大臣(さんじょうのうだいじん)
百人一首の25番目の作品は、三条右大臣(さんじょうのうだいじん)の作品です。

三条右大臣は、生没年:873年〜932年の歌人です。

三条右大臣は、本名を藤原定方(ふじわらのさだかた)といいます。

右大臣という役職に就き、邸が三条という所にあったので、

三条右大臣(さんじょうのうだいじん)と呼ばれました。





三条右大臣(藤原定方)が百人一首に残した作品は、、、

♪ 名にし負はば 逢坂山の さねかづら 人に知られで くるよしもがな

です。

読みは、

♪ なにしおわば おうさかやまの さねかづら
  ひとにしられで くるよしもがな

となります。

「さねかづら」というのは、植物の名前で、漢字では、実葛と表記します。

モクレン科のつる性の植物だそうです。

この歌は、掛詞や序詞を使っているので、

字ずらでは意味がわかりにくいのですが、意味は、

名にし負はば (その名として負っているならば)
逢坂山の   (おうさかやまの)
さねかづら  (さねかづら)
人に知られで (誰にも知られずに)
くるよしもがな(会いに行く方法はないものだろうか? そんな方法があればいいのに)

となります。

まず、上の句の

♪ 名にし負はば 逢坂山の さねかづら

が、第五句の「くるよしもがな」の「くる」の序詞となっています。

「くる」は、漢字では「繰る」と書き、

「さねかづら」のつるを「繰る」ことを表しています。

上の句は、「逢坂山のさねかづら」の「逢う」、

「さ寝(さね:一緒に寝る)」という名を負っているならばという意味です。

愛し合う男女の「逢う」が「逢坂山」に、

また「さ寝(さね)」が「さねかづら」に、それぞれ掛詞になっています。

上の句全体が序詞となって、下の句の「くる」を引き出しておいて、

作者の言いたいことは、下の句の

♪ 人に知られで くるよしもがな

なのです。

「よし」は「方法」という意味です。

下の句全体で、

「誰にも知られずに、会いに行く方法はないものだろうか?
 (そんな方法があればいいのに)」

という意味になります。

♪ 人に知られで くるよしもがな

の「くる」は、漢字では「繰る」と書きますが「来る」との掛詞になっています。

作者からすれば、愛する女性の元へ「行く」なのですが、

ここでは女性の立場に立って、愛する男性が「来る」と表現しています。





上の句で、逢いたい気持ちと一緒に寝たい気持ちを

「逢坂山のさねかづら」で表現し、

下の句が引き出されたら、

「誰にも知られずに会いに行く方法はないものだろうか? あったらいいのに」と

表現しています。

当時の恋愛は、人目をはばかりながら男性が女性の下へ会いに行く、

というスタイルだったそうです。





ふぅ・・・




序詞に掛詞。

こんな複雑な難しい歌は、とても即興では詠めないですね(苦)

即興どころか、それ以前に短歌そのものが、まだまだ詠めません(号泣)



inserted by FC2 system